引越しの保険や保証を確認

MENU

引越し保険は補償範囲が決まっているので事前に確認!

引越しで家具を運搬中や積み降ろしの最中、ふとした弾みで荷物が破損してしまうこともありますが、引越し業者は運送業者貨物賠償責任保険に加入しているケースが多くなっています。

 

 

そのため、通常の作業中に破損した荷物は大抵の場合保証されます。

 

業者側が加入する保険のため、こちらが保険料を負担する必要はありません。

 

 

 

保証限度額は一般的に1000万円が上限ですが、全ての引越し業者がこの保険に加入しているとは限らないので注意しましょう。

 

中小の引越し業者は加入していないケースもありますので、申し込み前には必ず確認が必要です。

 

 

また、物品が壊れても全て保証されるわけではありません。

 

保証範囲が決まっており、保険が適用されない場合もあります。

 

 

保証される範囲は、主に荷物の積み降ろし中、運搬中、トラック積み置き中の盗難や作業中に壊れてしまった場合です。

 

 

依頼主側の故意による事故などによる破損、引越し前に破損していた荷物、大雨や地震などの災害によって壊れた場合などには保証されません。

 

 

あくまで引越し作業中に起きた事故だけが保証対象となります。

 

 

 

保証されない荷物もあります。

 

例えば宝石や貴金属、ジュエリーなどの高価な品物、美術品や骨董品、現金などは保証されません。法に触れる品物も保証対象外となっています。
(タンスの中にへそくりを入れていた場合や、ダンボールに高級ブランド品を入れ無くなった場合も保証されません。)

 

 

 

バイクや電化製品なども保証範囲が限られるので注意が必要です。

 

 

 

もし心配な場合は自分で別途掛け捨ての民間の保険に加入する方法もあります。

 

 

特に美術品などの高価な品物は引越し業者の保険では保証されないため加入しておくと良いでしょう。

 

 

引越し業者に相談すれば、提携している保険会社の保険に加入することができます。

 

保険料はそれぞれ異なりますが、一般的には2000〜3000円程度です。