MENU

家具を安く運搬する方法の一つになる混載便って何?

 

大型家具を引っ越しさせたいときに輸送方法として、選択肢の一つに挙がるのが混載便です。

 

混載便を利用するメリットは、料金が安くなるのが大きなメリットです。

 

 

この混載便は同じ方向に引っ越しをする人の荷物をまとめて一つのトラックで運んでしまうというものです。

 

みんなで一つのトラックをシェアするという考えなので料金も割り勘となって、安くなります。

 

特に料金が安くなるメリットを感じやすいのが長距離移動の時です。

 

 

混載便にすることによって普通の引っ越しなら専用のトラックになり多額の費用がかかってしまうところ、まとめて運ぶため大幅に予算カットをすることが出来るのです。

 

また、大型家具一つだけを運びたいときなどは小さなトラックを利用したとしてもスペースが余ってしまいコストパフォーマンスがよくありません。

 

しかし、混載便なら自分の家具が使う分だけのスペースの利用料金を支払えるのでお得です。

 

 

 

ただし、混載便のデメリットをあげると時間がかかるという事です。

 

他の人の荷物を取りに行って積み込む時間がかかりますし、到着した後も自分のところにすぐに来るわけでは無く、他の人の荷物を下ろした後に来ることがあります。

 

直通便では無い為、荷物の受け取りと配送に通常の引っ越しよりも時間がかかってしまうのです。

 

 

さらに、業者によっては荷物を取りに来るときは小さいトラックできて、その後に引越配送センターで大きなトラックに積み替えます。

 

長距離移動用のトラックに積み替えた後、トラックは目的地へ行き、そこでさらに積み替えをして、小さなトラックで家まで荷物を運びます。

 

そうするとさらに時間がかかりますし、積み替えの際に荷物に傷が付くリスクがあります。

 

大型家具を配送したいときに時間が限られていたり、確実に安全に届けて欲しい家具だったりするときには混載便を利用しない方が良いでしょう。

 

反対に日程に余裕があり、多少荒く扱われても問題の無い家具や傷が付きにくいソファやベッドなどの家具の場合は混載便のメリットを大いに活かすことが出来るのでおすすめです。

 

家具の引越しが安い業者を探すにはこちらを参照して下さい。⇒⇒