MENU

引越しで大型家具の格安運搬業者の見つけ方

引っ越しで大型家具だけを運んでもらうのは、節約のためにとっても賢い方法です。

 

 

だけど、どこが安いのか調べるには大変ですね。

 

こんな時にこそ利用すべきなのが、一括見積もりサービスです。

 

今すぐ、家具だけの運搬が安いとこを調べてみる⇒⇒
(クロネコヤマトも参加中の引越し侍は無料の一括査定サービスです。)

 

たとえ、同じ家具を同じ距離だけ運んだとしても、決して各社は同じ金額になりません。

 

だからこそ、同じ条件で色んな業者の料金を見てみる事が大切なんですね。

 

 

例えば、家具の単品輸送であれば、クロネコや佐川などの運送会社が候補に入れるべきですし、

 

もし、複数点あるのであれば引越し業者も視野に入れてみるべきです。

 

 

料金は、お荷物1個の単価当たりであったり、家具のサイズや数量、さらには日時や条件によっても変わってくるんですよ。

 

 

とことん格安で運んでもらうなら、混載便やフリー便といった方法もあります。

 

 

それに、他にも運んでもらいたい荷物があるのならば、積み切り便といった貸し切りトラックに積めるだけ積む節約プランもあります。

 

 

あまり知られておらず、利用される方も少ないのですが、大型家具のみであれば色んな格安な運搬方法があるんですよ。

 

 

また、引越し業者によっては家具だけ運送プランも用意されています。

 

 

家具の中でも、とりわけ大物になり料金が高くなるのが、
マットレス付きのベッドやカウチソファー、食器棚から化粧台、学習机などなど。

 

分解・解体が出来ずにそれだけで場所を取ってしまうお荷物は運賃があっという間に数万円とかかってしまいます。

 

 

処分して新品を購入した方が安いのかもしれないけれど、それが出来ない荷物もありますね。

 

なので、しっかりとした専門の業者だけで見積もり額を比較するのが大切なんです。

 

 

そんなことより、どこが安いのか知りたいんだけど!

 

 

その中でも、安いとこを調べるためにあるのが無料の一括見積もりなので、とりあえずの料金を調べるだけでも利用してみましょう。

 

大手も参加中の無料一括見積もりサービスはこちら!

 

引越し侍

クロネコヤマトも参加中の引越し侍は、見積もり比較で最大50%OFFにする事も可能です。

 

大手〜中小業者まで最大10社の料金を比較する事で最安値も分かります。

 

利用者の満足度は95.2%、CMも放送中で今一番勢いのある無料サービスです。

 

また、10万円のプレゼントキャンペーンもあるのでついでに当ててしまいましょう!

 

詳しくはこちら⇒⇒

ズバット引越し

利用者の数が400万人以上のズバットは最大手を含む220社以上の中から最大で10社までの料金比較が出来るサービスです。

 

ヤマトや日通〜地元の業者まで参加中なので、比較で格安業者を見つける事も可能です。

 

ご利用者の特典として提携業者で引越しを依頼するとお得なプレゼントもご用意されています。

 

また、ズバットはネットでの操作が不安な方にも対応できるようにお電話での受け付けも可能です。

 

詳しくはこちら⇒⇒

ライフル

ライフルは一括見積もりの中でも昔からあるサービスのため、参加中の業者に特色があります。

 

大手の代表のヤマトやアートはもちろん、激安で運んでくれる赤帽さんの営業所もエリアによって参加しています。

 

見積もり入力時に、対応可の業者が一覧で表示され、お好きなとこだけに査定をしてもらう事もできます。

 

詳しくはこちら⇒⇒

 

全てのサービスは料金が一切かからず、見積もりを出してもらうだけのご利用でも大丈夫です。

大型家具だけの引越しならどの業者を利用できるの?

大型家具だけの引越しであれば利用できる業者も複数あります。

 

・たとえば、クロネコや佐川、日通や福山通運といった運送業者も候補に入ります。
運送業者は全国に数あれど、選ぶ際のポイントとして引っ越し業務も兼ねている企業を選ぶ事をお勧めします。

 

 

なぜなら、家具の運搬時には荷造りが必要で、大きさによっては建物の保護も必要になってくるからなんです。

 

引っ越し業務を行っている企業であれば、この大事な作業は手慣れているので安心してお任せできますね。

 

今回のような家具だけの引越しでも、荷造りと家屋の養生を行ってくれないとこを選んではいけません。
(玄関〜玄関まで、また梱包はご自身でなんて適当な業者もあるので、運送会社を選ぶなら見積もり時には確認が必須ですよ。)
上記一括見積もりサイトに参加中の業者は問題ありません。

 

 

・引越し業者は当然見積もりには含むべきでしょう。

 

家具の梱包はもちろん、建物の養生から資材の無料配布まで付いてきます。

 

ベッドには解体や設置が必要になるケースや、布団には布団袋の提供、タンスの中身の荷造りなど色んな事が必要になってきますね。
こういった事を無料でサービスしてくれる業者も数多くあります。

 

 

その他にも家具だけの運搬プランを格安で提供している業者も増えてきているのでとりあえずは見積もりに含む事をお勧めしています。

 

各エリアの営業所によってスキルや対応に違いがあるため、どこがお勧めなのか決めるのが一番難しいのですが、
大手だけで決めるならアートやサカイ、アリさんが筆頭になります。

 

アートの強みは荷造りが早く、何に使うか分からないようなグッズを持ってきて、流れるように素早く梱包していきます。

 

料金面で決めるならアリさんとサカイ引越センターが2強になります。
お互いに値下げ合戦をしてくれるのでとことん競ってもらう方法もお勧めします。

 

引越しの事であれば引越し業者に頼むというのがセオリーになります。

 

 

・最後に赤帽や便利屋さん

 

赤帽は元々は運搬業務が専門でしたが、ここ最近では引っ越し業務にも力を入れている営業所が増えてきています。
費用面では一番安くなることが予想できますが、家具の種類によってお手伝いが必要になったり、運搬不可の場合もあります。

 

 

料金の決定方法は移動距離、もしくは作業にかかった時間で算出されます。
もし、近距離の引越しであれば見積もりに含む事も視野に入れてみましょう。長距離は交通費が倍になるので割高になってしまう場合があります。

 

 

また、保険が掛けられるのは荷物のみなので、車に同乗して引越し先まで移動する方法はお勧めできません。
(同乗OKという営業所もありますが、もしもの場合に同乗者に保険が下りない場合がある為です。)

 

便利屋さんは、あくまでも引越しをお手伝いするという立ち位置のため、破損や紛失の場合に保証が効かない、また元々保険を掛けていない(掛けれない)ケースもあります。

大型家具の養生や梱包は必要なの?

引越しの時に気を使うことになるのが家具などの梱包です。

 

基本的に大型の家具は引越し業者が荷造りをして運んでくれます

 

しかし、少しでも引越し料金を安くしたい場合は自分で梱包をして運んでしまいたいこともあるでしょう。

 

その場合には、下記の掲載文を参照してください。

 

 

・大型家具の養生ってなに?

 

まず、引越しで使う養生という言葉は家具などに傷がつかないように保護することです。

 

一般的に養生に使われるものとしては、ダンボールや新聞紙などが使われるのですが、大型家具の場合は薄手の毛布などを用意しておくと良いでしょう。

 

毛布で家具を巻いておき、あとはビニール紐などを使って固定しておきます。

 

ちなみにですが大型の家具の場合、ばらせるものも少なくありませんので、ばらせるものは小さくしておくと運ぶ時にも便利です。

 

 

ベッドも解体できる物は行い、組み立て式であれば一番コンパクトサイズに収めて運搬します。

 

 

また、タンスの引き出しが運んでいる途中に飛び出さないように固定するのには、養生テープを使ってください。

 

一般的なガムテープでも良いのですが粘着力が強いのではがす時に跡が残ってしまう可能性が高いです。

 

ですので養生テープ、もしくは布テープを使うようにして下さい。

 

 

 

・大型家具の梱包方法ってどうするの?

 

基本的に大型家具の梱包については、先述したように薄手の毛布などを使って、全体的にくるんでおくと良いでしょう。

 

 

洋服ダンスなどの場合は、中の荷物は先に取り出しておいてください。

 

 

そのままにして運ぶと、重量がかなり重くなってしまう可能性が高いです。

 

 

無理をすると家具に傷をつけてしまうだけではなく、底が抜け、運搬中に怪我をすることにも繋がりますので、なるべく中身は取り出しておきましょう。

 

 

また、引越し業者に大型家具の運搬をお願いする場合でも、このタンスの中身をどうするのかは確認しておくべきです。

 

業者によっては中身が入ったままでも運んでくれるなど対応が業者ごとで異なるので覚えておきましょう。
(中身を出す場合は、ダンボールに詰めてマジックで何が入っているか記載しておいて下さい。)

 

 

もし、解体式のベッドフレームを、引越し業者に依頼する場合はご自身で解体せず全てお任せして下さい。
引越し業者は解体や設置料金は費用に含まれており、運送業者は別料金になります。)

 

ご自身で解体する場合は、ネジ類はしっかりと袋にまとめておき紛失しないようご注意ください。

 

自分で運ぶ場合はできるだけ小さくしたり、パーツパーツで運んだほうが事故を起こしにくくなります。

更新履歴